付き合う前のデート30代の社会人はどこに行ってる?カップル成立までの連絡やデートの頻度とは!

デート

付き合う前のデート30代の社会人はどこに行ってる?カップル成立までの連絡やデートの頻度とは!ワンポイントアドバイスも有り!

若い頃なら付き合うまで時間がかかる恋愛も良いですが、30代になったら理想は置いておいて効率よく恋愛・結婚と進みたいですよね。

そこで「デートや付き合い方って、若かったあの頃と同じで良いのかな?」ということをふと考えたりもします。付き合う前の社会人っていったいどんな場所にデートしに行ってるのかな?という疑問もこちらで解決していこうと思います。

30代ってなんとなく焦ってくる頃ですよね。親にも遠回しに「結婚」と言われて。でも職場と自宅を往復する毎日。出会いがない。もし今うまくいきそうな方も、まだ良い人に出会ってないという方!できれば早めに効率よく結婚までいきたい方!

最近では30代でお付き合いをはじめて、そのまますぐに結婚なんていう話もよく耳にします。30代のデートスポットやLINEの頻度、付き合うまでのデートの回数、その他にも『大人の恋愛 ワンポイントアドバイス!』もありますよー!

 

付き合う前のデート場所30代の社会人はどこを選ぶべき?

では付き合う前のデートでベストな飲食店を紹介します!
基本的には回数によって、選択する店を変えましょう。

1回目のデートは「ディナーコース」みたいな高級雰囲気は、お会計のことも気になるし本音で話せない感じがするので、ナシです。

1回目のデートはとにかくお互い話しやすい空間がベストです。居酒屋チェーンはちょっとダメですが、個室でちょこっとお洒落なお店なら何でもいいと思います。

そして大事な2回目のデートは、ハシゴがベストです。

1件目は彼が行ってみたかったラーメン屋などで「サクッと」終えて、2件目にお洒落なBARを選択します。
1件目のフランクの感じから、2件目のシットリ大人っぽい店のギャップがまたいいんです^_^

他の男性がしないようなデートが女性のハートを動かすんですね~^^

そしてこのお店に誘ってもらえるように仕向けるのが、ここからのお話です!

付き合う前の連絡頻度ってどのくらい?

今では「連絡=LINE」といっても過言ではないですよね。付き合う前の関係を築く上で、LINEのやり取りは非常に重要です。

意中の彼と距離を近づけるためにも、付き合う前のLINEのやり取り。ここのポイントだけはおさえておきましょう!

LINEは毎日送っても大丈夫?

LINEは基本的に、毎日送っても問題ありません。しかし基本は朝夜の一回ずつ。話題や内容に困るなら、「おはよう!」「お疲れさま!」と軽めに送るだけでもOK。

ただし、これから仕事って時に長々とメッセージのやり取りはしません。

プライベートの時間が多い夜の方が返信率も上がるため、朝におはようの挨拶、彼が帰宅後そろそろ落ち着いた頃かなあ?という時間を見計らって「お疲れさま^_^」とメッセージを送りましょう!

30代で仕事が忙しい生活を送っていると、1週間に1度会えないこともあるかもしれません。会いたくてしょうがないのに、2回目と3回目のデートの間が2週間空いてしまうような時は、LINEでこまめに連絡を取るようにしたいですよねー!

忘れられないためにも、重すぎず軽すぎずサラッと送るLINEのメッセージで、存在をアピールしましょう!でも、彼に自分の全ての行動を報告してはいけません!

それはなぜかというと・・・? 次です。

LINEの内容は?どんなメッセージを送ればいいの?

30代は男女ともに、早ければ役職に就いている方もいますよね。仕事が忙しくなって連絡がないと不安になると同時に、その相手への興味もだんだん薄れていきます。

そうさせないためにも、以下のLINEのテクニックが必要となってくるのです!!

題して『追わせるLINEテク』です!

 

まず①LINEの返信は変則的にです。

必ず返すんだけど朝きたメッセージに対して、夜返すときもあればすぐに返すときもある。寝る前ギリギリまで返さないことも!

その理由は?

いつ返信が来るかわかってしまったら、面白くないから。わからない方が気になるから、です。

どうですか?これ好きな人にはなかなかできないですよね~!?だって嬉しいじゃないですか?すぐに返したくなる気持ち、わかります。でもそこをグッと我慢ですよー!笑

 

その②なぜ返信が遅くなったのか、その理由は言わない。(聞かれたら言う)

例えば「仕事でこの時間になっちゃったよ。」とか、「友達と出掛けてたからこの時間なんだよ。」とか。これ、言わないんです!

そんな日常的な理由は言わずに、その前にしていたLINEの内容に楽しく返信しましょう!

それはなぜでしょう?

答えは→男性は理由がわからないものに惹かれることがある。からです!

あ~わかるこれ。って思った方も多いのではないでしょうか?要は気にならせるって事ですよね!お口チャックってことです(笑)

でもでも!もう一つ重要なことがあるんです!

 

それは③例外として、彼にアピールしたいことは言おう。です。

例えば「お料理教室に行ってきた。」とか「ヨガに通ってるんだ。」とか!ここで、その習い事が結婚に結びつくようなものだと、なおのこと良しですよね!

 

もし恋活・婚活を同時に進めている女性だったら、連絡がマメじゃない男性はどんどん予選落ちさせて良いと思います。

お互いこまめに連絡をとってフォローしていくことが、お付き合いに発展させるのに重要となります!

そうするとここでまた、ある事を疑問に思います・・・。連絡がマメじゃない男性って、その人の性格なの?それとも私に気がないの?どっちなの?・・・と。

LINEの返信頻度で脈アリ・脈ナシが分かる?

先ほどお話したように、女性は全てを言わないことです。

男性には狩猟本能(逃げる獲物を見ると、追いかけて捕まえたくなる)というものがありまして、つまり恋愛においては女性を追いかけて捕まえたくなるのです!

ただ、これは女性なら誰でも良いって話じゃないんです。そりゃそうですよね!そしたら苦労してないですからー(笑)

追いかけたくなる女性には、大きく分けて7つの特徴があるのですが、今回は長くなってしまうので、また次回に!

話を戻しますね。もう結論を言いますが、女性が全てを言わずにミステリアスな部分を見せてきているにも関わらず、何の反応もしない男の人は「あなたに気がない」か「スーパー疲れているか」のどちらかです。

何度も言いますが、30代男性、疲れています!なのでミステリアスがいき過ぎると、追う気力もなくなるわけです。自分から言わないけど、聞かれたら言う。このバランスですね!『サラッとミステリアス』30代以上の男性にはこれでいきましょう!笑

さあ、ここまでLINEのテクニックを駆使して、なかなか良い感じになってきましたよ~!そうしたら次のステップです!!

付き合う前のデートの誘い方は?誘ってもらえるようにするには?

まず、付き合う前に何回デートをするのがベストなのか紹介します。

答えは2回 です。

理由は、社会人の場合予定を3回合わせるだけでも大変だから。
1回目のデートを終えて2回目のデートは2週間後、そして3回目となると1ヶ月以上先になる場合もあります。

その間お互いの気持ちがしっかり向き合っていれば問題ないですが、あまり期間が空いてしまうと、やっぱり気持ちって薄れてきたりするものですよね。特に社会人同士は、好きな人のことを四六時中考えていられる時間もないですし・・・。

なので、毎日1・2回はLINEで連絡をとりましょう。そしてその流れでデートのお誘いがあるのが理想ですが、彼からなければ自分から誘うのもアリだと思いますよ!

自分からが厳しい場合には、男性から誘ってもらえるようにします。

男性からデートに誘ってもらえるタイミングは「脈アリ」だと確信したときです。

男性だって怖いですよね。脈が無さそうな女性に、フラれるの覚悟で誘うのってかなり勇気がいると思いますよー!

なのでリアクション大きめにしたり、ニコニコしてみたり、彼が「俺のこと気に入ってくれてる?」と思ってくれるような、わかりやすい態度で接してあげましょう!

そしてデートの日程が決まったら今度は場所選びです!

付き合う前のデートの場所選びってどうやって決めたほうが良い?

ぐいぐいと引っ張ってくれる彼なら必要はないかもしれませんが、まだ彼との関係が熟してない時に「デートどこ行きたい?」って聞かれた時の答え方についてです。

「どこでもいいよ!」って言うのは、なんだか任せきりのような気がするし「ここ行きたい!」って言って彼と温度差があったら気まずい・・・。と不安になりますよね。

そんな時の解決策は『いくつか候補を提案する』です。

例えば

デートスポットごはん屋さんアクティブ系をチョイスしてあげて、

「こことかどう?」「こんな感じどうかな?」とか提案したりすると

一緒に考えている感があって計画も楽しめるし、男性も喜んでくれると思います!

付き合う前のデート食事やデート費用は割り勘?

下記は男性の意見をアンケートした数字です。

Q.初めてのデートをするとき、食事などの代金はどうするのが妥当だと思いますか?
男性が多めに負担……36.3%
男性が全額負担……50.3%
割り勘……13.4%

マイナビウーマン

実に半数の男性が「全額負担」をおこなっています。
大学生ならまだしも、社会人になって女性に負担させるのはちょっとナンセンスだと思いませんか?

割り勘がダメとは言っていません。割り勘で済ませたい女性もいるでしょう。でもそのほとんどの場合が、次はないな・・・と思ったときです。

初めてのデートです。そこは男らしく支払ってもらいたいというのが、女性の本心ではないでしょうか?

でもここで、ワンポイントアドバイス!

奢ってもらうのが当たり前になっていると、例えばお会計の時にお財布も出さないとか、行動に出てしまいがちです。それでは男性の「男らしさ」に応えてあげられていません!

そこで「僕が出すからいいよ!」って言われた時の、愛され女子対応をお教えします!

それには2ステップあります。

STEP1.「どうしよう・・・。」と、少し困る。

STEP2.「じゃあ、私美味しい〇〇屋さん知ってるので、今度私がおごりますね(^^)」と言ってみましょう!この○○なお店は、カジュアルで美味しいお店ならOKです。

30代になるといろいろなことに慣れてしまって、奢ってもらうのが普通と勘違いしてしまいますが、でもでも「ここは俺が出すよ。」の一言って、やっぱりかっこいいですよね☆

かっこいいところを見せるために、頑張ってくれたんです。女性も可愛らしいところを見せてあげたいですよね。男性ってそれで満足してくれるんじゃないかな。

付き合う前のデート30代の社会人はどこに行ってる?カップル成立までの連絡やデートの頻度とは!ワンポイントアドバイスも有り!まとめ

まず付き合う前に何回デートをするのがベストなのか?

答えは2回 です。

理由は、社会人の場合予定を3回合わせるだけでも大変だから。
1回目のデートを終えて2回目のデートは2週間後、そして3回目となると1ヶ月以上先になる場合もあります。

会えないときはLINEで会話し、彼からの告白を待つなら「あなたといると楽しい!」アピールも大事。男性はわかりやすい女性が好きです。

ただ、一番大事なことは お互いが”楽しむ”時間を共有することです。
ここがぶれてしまうと告白はおろか、2回目のデートも出来ません。

付き合う前のデートを制して、素敵な彼を作りましょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました